家族や友人にあげる


不要になったバイクを処分するための方法として、家族や友人にあげるという方法があります。これならば欲しい人に使ってもらうことができるため、バイクを有効活用できるでしょう。ただし、譲渡する際にはいくつか注意点があります。

購入まず、バイクの名義変更をしなければいけません。お店で購入した場合には必要な手続きはすべてお店が指示してくれます。しかし、個人間でやり取りする場合は、必要な手続きをすべて自分達で調べて行わなければいけません

名義変更をすることによって、そのバイクで事故や違反をしたとしても、もとの所有者の責任が問われることはなくなります。現在の所有者の名義になっていれば、トラブルを避けることができるのです。名義変更を怠ってしまうと何かしらのトラブルが発生したときに面倒なことになってしまいます。

また、バイクには納税の義務があり、これは名義上の所有者に責任があります。そのため、きちんと名義変更をしなければ脱税をしてしまうことになるかもしれません。自賠責保険についても名義変更をすることは大切です。

そのバイクのサイズによっても必要な手続きは異なっています。どのような手続きをしなければいけないのかきちんと調べておきましょう。